船橋市金杉の鈴木畳店です!

お客様に喜んでいただく事を1番にと思うタタミヤの日常です。 お得になる情報などをお伝えできればと考えております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで?

こんばんは!

8月に入ったのに

“夏らしさ”が

お休み中ですね。

今日は畳屋にしか

分からないコトかもしれませんが、

お客様にお伝えしたいお話を。


今日は表替えの工事でしたが、

今まで着いていた

畳表をはがそうとすると~!


落とし

これが何か?と言いますと・・・

上前(うわまえ)と言われる

畳同士が重なり合う側の

切り落とされた部分なんですが、

畳表のヒゲと呼ばれている

一番端っこで切っています。

お部屋が畳の基準の大きさより

大きい時には仕方なく

切り落とすのですが、

今回のお部屋は

だいぶ小さかったんです。

それが問題なんです!!


落とし2

(ご理解いただく為に

2つ切込みを入れてみました。)

上の写真で

右側の長い切れ込みが

今回のお部屋に合った私の

切り落とし方。

左側の短いのが

ヒゲと呼ばれる部分で

切り落としたものです。

それが何かと申しますと・・・

畳表はイ草の性質上

(その辺に生えている草もそうなですが)

草の先端や根元の色が変色しやすいんです。

(畳の真ん中になるほど青いんです。)

なので本当の畳屋さんは

それを知っているので

出来るだけ青い部分を

お客様にと考えるのが本筋。

なのになんで???

わざわざ色の悪いトコを

使うの???

その分、

壁際等のお部屋の

隅っこにばかり

切り落とす部分が多くなって

色のキレイな部分が

出てしまうじゃない???

お部屋の隅っこをわざわざ空けて

お使いになります???

お客様が知ったら

さぞかし残念でしょう・・・

お客様に喜んでいただこう!

と考える

畳屋なら絶対にしない

粗悪な仕事です。私の経験上、

安いよ!!安いよ!!の

畳屋モドキに多い

仕事の仕方です。

そんな“愛畳”のない

粗悪店にはどうぞ

お気を付けくださいね!!

おまけ

そんな仕事だから

さくら上敷き横

上前と言われる側は

キレイに畳の山谷の

谷の部分にヘリの折り目が

着くようにするんですが、

(ひと目出すと言います)


落とし1

中途半端なトコに・・・

お客様がかわいそう過ぎます


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatami193.blog48.fc2.com/tb.php/416-84a0d5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。